似合う髪形ってどうやって探せばいいの?

髪形を変えてイメージチェンジ、似合う髪形選びを知れば色んな自分に出会えます

診断チャート

髪が伸びてきてこのまま伸ばしてパーマをかける、軽くする、切るなら長さはどうしようか迷いますよね。ご自身の似合う髪形は永遠のテーマです。今の髪形、本当は似合ってないのではないか、新しい髪形にチャレンジしてみようかと。
または、髪形は決まったけど髪質を良く知らないからどんなスタイル・髪色が合うのかわからない、迷ってしまいます。どうやって選ぶとご自身に合った髪形をみつけていけるのでしょうか。それぞれ顔型、細かいお顔のパーツ、その人のなりたい雰囲気、髪質によっても似合う髪形は違ってきます。
顔型は卵型・丸顔・面長・ベース型・逆三角形が基本です。髪質は柔らかい髪質・硬い髪質・くせ毛・毛先の広がり・髪のボリュームです。細かいお顔のパーツは目、鼻、眉の形です。耳を出したい、前髪の長さまでもあります。明るい髪色・ダークな髪色、大人っぽい感じにしたい、かわいい感じにしたい、おしゃれな感じにしたい、クールな感じにしたい、小顔効果がいいと色んな希望があります。後から後悔しないようにしっかり判断したいですね。髪形によって若く見えたり、顔色が良く見えるのはご自身の顔型を活かせてるからです。髪形でやる気がでたり、落ち込んでた気分をスッキリさせたりもできます。似合う髪形にして、イメージを変えるのはいきいきと生活する一部でもあります。女性だけでなく、これは男性にも言える事です。ご自身に合った髪形になるように選択肢を広げてみてはどうでしょうか。

迷う髪形選び

似合う髪形に迷ったらまず何から判断したらいいのでしょうか。第一印象に残る顔型です。顔の特徴はわかりづらい点があります。特徴をつかむとメリット・デメリットがわかり、次にどうしたらいいのかわかってきます。顔型の特徴から簡単に髪形を探せると色んな髪形にもチャレンジできます。

髪質の種類からイメージどおり

髪質の特徴があります。 「細くて柔らかい」髪が細く、ボリュームが少なく、湿気でぺたんこになります。 「太くて硬い」髪が太く、ボリュームが多いです。 「くせ毛・毛先の広がり」うねり、湿気で広がる、縮れ、髪がパサつきます。 髪質からトラブルも解消されて、似合う髪形、なりたいイメージに近づきます。

ベストな髪形選択

似合う髪形を探す時、一昔前までは雑誌で芸能人の写真から選んだり、ヘアーカタログから選んだりしてました。ヘアーカタログは美容室、本屋さんに足を運んで選びます。Webサイトはいつでも思った時に見る事ができ、髪質・顔型選択も多く、正確に判断できます。

Links

女性ならではのワキガ対策

女性ならではのワキガ対策ってあるのでしょうか?気になるその対策方法について調査してみました!